電子書籍で作るメリット

劣化れっかしない

 紙の本で作ると、年月の経過や閉じ開きの繰り返しによって劣化してしまいます。しかし電子書籍で作ると劣化することはありません。

◎ 印刷コストがかからない

 紙の本を作る場合、執筆した原稿を本に仕上げるための編集作業にかかる費用のほか、紙代や印刷代などがかかります。しかし電子書籍で作ると、紙代や印刷代などはかかりません。

◎ 完成後の修正や加筆かひつもローコスト

 紙の本の場合、完成した本を修正したり、加筆したりすると、再び印刷コストがかかります。しかし電子書籍で自分史を作っておけば、数年後に修正を加えたり、加筆しても印刷コストはかかりません。

◎ 動画を組み込むことができる

 現状では、iPhoneやiPadなど、アップル社製品のiBooksに限定されますが、電子書籍には、写真やイラストなどだけでなく、動画を組み込むこともできます。動画を組み込むことで、その方の映像えいぞうと声を含んだリアリティのある自分史を作ることができます。