自分史を作ると・・・

◎ 思い出が鮮明になる

 文章化するために、写真や思い出の品を見ながら、過去の出来事を具体的に思い出すため、ぼんやりしていた思い出が鮮明せんめいになります。

◎ 家族との会話が増える

 家族と一緒になつかしいアルバムを開いてながめるだけでも、「あの時は楽しかった」「あそこで食べた料理は美味しかった」など、会話が増えます。自分史制作を念頭ねんとうに置いてアルバムを眺めると、各場面での心の動きを思い出しながら家族との会話がはずむことでしょう。

◎ 自分に自信が持てる

 自分史を作るには、過去の自分を客観的きゃっかんてきに見直すことが必要です。過去の自分を客観的に見直すことで、自分がつちかってきたスキルや積み上げてきたキャリアを再確認でき、自分に自信が持てます。

◎ 旧友との交流が深まる

 自分史を作る過程や作り終えた後、年賀状のやりとりしかしていなかったような旧友と連絡を取り、直接話す機会ができるなど、交流を深めることができます。